KenKen [RIZE]|欠落の美学

interview by CHINATSU MIYOSHI photo by JUNYA-S STEADY

 

正直に言ってしまうと、インタビューをやっていて最低の気分になるのは、まるで自分がアーティストであるということをすっかり忘れているかのようなヤツと喋ることだ。そういうヤツらはこっちがいくら求めたところで、標準的な言動と模範的なサービスしか見せてくれない。何の為に?音楽が持つ影響力のエネルギーは凄まじい。ステージの上に立つアーティストはまるで神そのものに見える時があるけど、当たり前だけど神ではないし、音楽も別に宗教ではない。自分が作った詩やメロディーが誰かの思想や人生を変えることがあったからって、何も聖人である必要はないんだ。彼がこのインタビューで語っているように、“欠落”こそがアーティストの魅力の一部であり、甘美の源。慰めを欲している人やトラブルを乗り越えようとしている人だけでなく、同じように、多くのアウトサイダーの背中だって押してやらなけりゃならないはずだ。何なら、自分自身がそうなったっていい。だって音楽はいつでも、全てのハイテンションとの相乗効果で輝くのだから。このインタビューはRIZEの新譜について、そして、そこから派生したいろんなことについて。答えてくれたのはベーシストのKenKen。このバンドが尋常じゃないくらいカッコいいのは、そういう存在の仕方を、自分たちの役割を、その身体のすべてで理解して放出し尽くしているところだ。

 

 

HDM:よく考えみたら、RIZEとしてパッケージをリリースするのはすごく久し振りのような。

KenKen:うん。4年半ぶりくらいかな?まあ、もともと1年に1曲くらいしか出さないチームなんでね(笑)。

 

HDM:今回の新曲『SILVER』は、実はKenKenさんがアニメ『銀魂』のファンで、密かにオープニングテーマを作っていたというバックストーリー付きで。

KenKen:ほんとに勝手に作っていただけだったんだけどね(笑)。いつか、こういう機会に恵まれたらいいなあくらいの妄想はしていたけど、まさかそれが現実にRIZEの新譜になるとは考えてもいなかったから。もともとRIZE用の音源として書いた曲でも無かったから、改めてRIZEの為にリアレンジした感じですね。

 

HDM:これって、コンペだったんでしょ?選ばれた時点では、制作側はその事実を知っていた?

KenKen:どうなんだろうね?だってなんか、そんなの事前に話すのってやらしいじゃないですか(笑)。決まったからこそ美談になるだけの話で。そういうので選ばれるのって嫌じゃん!そこはもう、単純に「これがいい曲だから」っていう理由だけであって欲しいからね。

 

HDM:『SILVER』ってストレートなタイトルもね。

KenKen:アルバムの制作もゆっくり始まっている中での話だったんだけど、最初この曲は仮タイトルで『銀』て付いていただけだったんですよ。その流れから出てきた言葉だと思うんですけど、かと言ってそこまでアニメーションのイメ−ジとか世界観に寄っているわけでもなく。だって、メンバーの中で『銀魂』詳しいのって俺だけだし(笑)。だから、あとのメンバーがそれに協力してくれたっていうのが本当に有り難いことですよ。「今しかない!」って感じで。

 

 

HDM:新譜リリースをキッカケに改めてRIZEというバンドを考えてみたけど、ここまで個々が自立したバンドも珍しいですよね。それぞれソロも確立されていて、しかもそこで体現している世界観も違っているのに、こうしてまとまっているのって凄いと思う。

KenKen:確かに、こういう3人が集まってひとつのバンドが成立していることの凄さみたいなものって、それぞれのソロがあったからこそ、より強調されたのかも知れない。RIZEの存在が無かったとしても、きっとみんなソロでやっていたんだろうと思うんだけど、RIZEってね、たぶん実家みたいな感覚なんじゃないかな。

 

HDM:安心感とか、素でいれるっていう意味?

KenKen:みんなそれぞれ感じていることは違っているかも知れないけど、少なくとも俺にとってはバンド以前に家族だし、解散もクソもないからね。そんなことしたってどうしようもない間柄だから(笑)。最近は特に、それぞれが好きな場所でやりたいことを楽しんで刺激を受けていて。いざRIZEとして集まった時に、この3人だからこそできることをやろうっていう感覚がより強くなったような気がする。だからね、今が一番仲がいいですよ(笑)。

 

HDM:今のRIZEの3人としての大きな変化って何?

KenKen:それはね、まず…みんなオジさんになったんじゃないですか(笑)。

 

HDM:ハハハ!

KenKen:それでね、いい感じでユルさが出てきたっていうか、カドが柔らかくなってきたところもあるんじゃないかなって。

 

HDM:以前は?

KenKen:いや~それはもう、メンバー同士だろうが誰が相手だろうが、取り敢えず尖ってカドカドしい感じだったと思うよ。そこから年齢を経て、みんな結婚したり、子供ができたり…まあ、そのへんは俺だけ何もないけど(笑)。

 

HDM:カドカドしい時期、それはそれで最高にカッコよかったじゃないですか。どう柔らかくなったの?

KenKen:なんか…もっと前までだったらね、不満があっても口に出さずにひたすら溜めて溜めて…もう爆発寸前まで我慢しきったところで一気にバーン!って。もうね、本当によくある家族の喧嘩を想像して欲しいんだけど(笑)。40回分の不満を1回の喧嘩で全部解消するみたいな感じだったね。だから「ああ、もうこれで終わりだろうな」って瞬間が今まで何回もあったよ。バンドが本当に終わる時っていうのは、ダラダラせずにいさかいが勃発したその場で終わったりするからね。

 

HDM:今はしっくりきてる。

KenKen:うん。多分みんなね、このバンドでしか出せないパワー感みたいなものがわかったんじゃないかな。…って言ってる俺も、全力で本能的にぶつけるっていうのはこのバンドでしかできないって思うから。やっぱりここだと思うし。だから、今はもうお互いに遠慮することも無くなって、各自のパワーをひたすら100%ぶつけてるだけだよね。

 

HDM:ライブを見ていて…いつもあんなにも凄まじい存在感で、RIZEでこそ出せるその開放感ってすごい。

KenKen:でもよく考えてみたらね、自分が100%で向かっていける相手っていないんだよね。結局、勝っちゃうから。

 

HDM:腕っぷしの話(笑)?

KenKen:いや、音楽家としての話(笑)。何ていうかステージ上のさ、レベル…ていうかもう「波力」みたいな。そこに存在することで、人のことを「ウォ~!」って圧巻してしまうような。そういうことを考慮したり遠慮したりしないで済むのが、このバンドのメンバーなんだと思いますよ。みんなね、他所を向いてても同じ塊でいるって感じかな。

 

HDM:凄まじいけど、潔くもある気がする。バン!と出て一瞬で圧巻して、スパッと去っていくっていうか。

KenKen:そう言われてみればね、今回の音源もワンテイクしかやっていないしね。

 

HDM:え?

KenKen:そう。1回だけ。『ONE SHOT』なんか2回しかやってないよ。

 

HDM:“ONE” SHOTだけど、そこは2回なんだ…(笑)。ていうか、そんなことってあるの?

KenKen:あるある。っていうか、それが普通だと思ってるけど(笑)。だってさ、1回で曲バッチリ決められなきゃライブなんてできないってことになるじゃん。

 

HDM:それは、そう…なんだけど、でもレコーディングでワンテイク決めって(笑)。

KenKen:俺らは録音の時にワンテイクでできない曲は、ライブでもできないもんだと思ってるからね。生モノであるべきだから、当たり前のようにちょこちょこ直したり小細工したりはできないって思うから。間違えたものもそのまま使ったりするからね、俺ら(笑)。それにね、その方が愛着わくんだよね。曲って。

 

 

HDM:じゃあ、今回のシングルで言ったら『日本刀』のスタジオ音源が新録されてるけど、その録り方で言ったら全部の曲が同じようなライブ感を持ってるわけですよね。

KenKen:そうとも言えるかも。『日本刀』はどのパートも一斉に録ってるから、録音の仕方の違いくらいだね。俺とあっくん(金子ノブアキ / ドラム)が一緒に録る時なんかほんとに早いよ。この間もね、5時間くらいで6曲とか平気で録ったりするし。2日あればアルバム録れるんじゃないかな(笑)。

 

HDM:そうだ、アルバムの方は?

KenKen:今ね、ちょこちょこ曲ができていってる感じ。すでにツアーが決まってるから、このタイミングで新しい曲をやりたいからね。だから今はね、メンバーそれぞれが適材適所、完成に向けてやるべきことをやっています。

 

HDM:一転して真面目(笑)!

KenKen:仕事は早いに越したことはない(笑)!制作はもちろん真面目にやるんだけど、ライブをやればやるほど曲って変化していくからね、絶対。

 

HDM:やればやるほど、馴染んで変化していくんだね。

KenKen:基本的に「練習した通りにライブをやろう」ってアーティストがわりと多いと思うんだけど、それならライブじゃなくて、家でCD聴いてりゃいいじゃんってなるじゃん(笑)。CDなんか基準のひとつでしかないと思っているし、見るたびに印象が変わっていくバンドの方が面白いじゃんって思うんだけどね。見てて飽きないよね。RIZEはまさに、その日によって出てくるものが変わるし。

 

HDM:自分自身でも飽きない?

KenKen:うん。RIZEって飽きないんだよね。でもね俺、ツアーって飽きるの(笑)。だって同じ曲を何回もやるのってあんまり好きじゃないんだよ(笑)。

 

HDM:そこは頑張ってよ(笑)!MCもね、ちゃんと地方地方できちんと話すことを予め用意してくれたり、ちゃんとしてる人はしてますよね(笑)。

KenKen:そうそう。MCもさ、それすらもキチンと練習するヤツとかいるじゃん。「俺はここでこういうことを言うから…」とか打ち合わせたりしてね。そういうのがもう…「ヒャ~」って。「そういうのがヤだからバンドやってんのに~!」って(笑)。そういう意味では、RIZEはいい意味でずっと“悪い”っていうか、“東京の威圧感”ってあるじゃん?そういうものを出せたらいいなとは思ってるんだよ。

 

HDM:確かに、それがRIZEの存在感。今の環境で言うと、そういう…ある意味で“危険視”されてしまうようなバンドって貴重、確かに。

KenKen:うん。なんかさ、みんなきっと「バンドをやる」ってすごく簡単なことだと思ってるんじゃないのかな。バンドって、もっと噛み付いていいし、もっとギラギラしていいはずなんだけど、最近は“人目”とか“社会性”を過剰に気にするようになってきたよね。「こんな変なことしちゃいけないんじゃないか」って。あまりにも“現実離れ”しなさ過ぎてるよね。何て言われたっていいじゃん!少なくとも俺はそう思ってるよ。「だってロックンローラーだもん、しょうがないじゃん」って、そのたった一言が言えないのかって。ある意味欠落こそ音楽だからね。欠落してこそミュージシャンだとも言えるし。

 

HDM:ちょっと…今の言葉を太字でデカくして書いていい(笑)?

KenKen:ハハハ!どうぞどうぞ(笑)。だって「音楽が無かったら死んじゃう」っていうレベルの精神性じゃないと、やる意味なくない?音楽なんて。他で生きていけるやり方があるんだったら、音楽よりそっち選んで生きていった方が絶対いいじゃんって思うよ。

 

HDM:言い切りますね。

KenKen:だって嘘ついたってしょうがないじゃんね。言いたいことを言う為に、やりたいことをやる為に音楽があるわけだから。最近すごい思うんだけど、お客さんの感じもすごく変わってきてるよね。

 

HDM:どういうふうに?

KenKen:「みんなで同じ動きをしよう!」みたいなのが多くなってきたっていうか。さっきも言ったけど「俺はそういうのが嫌だから音楽やってんのにー!」ってなるよね(笑)。みんなが好きなようにやって欲しいから俺らがいて、その空間を提供してるのに、「あれもやっちゃダメ」「これもやっちゃダメ」ってさ、なんかズレ始めてる気がするんだよね。こっちからかける言葉なんてさ、「怪我に気をつけてね!」くらいでいいじゃん。なんなら「怪我してもいいならどうぞー!」って(笑)。禁止されて萎縮してしまうくらいのモッシュだったら、最初からしないでもいいんだし。それよりもさ、もっと大事なことが見えなくなってるじゃん。どうしてああいう(モッシュの)文化が生まれたのかとかさ。だって、ライブに来たからって無理矢理しなくてもいいようなものなんだよ?あれは最大級の感情表現っていうか、もの凄い衝撃や感動を受けた時の、言葉とも涙ともつかないものの表れじゃない。発する側と受け取る側、受け取ってからどう発するかっていうことはさ、人から「こうしなさい」って決められたり勝手に選ばれたりするものじゃないって思うから。音楽の本当の力をみくびっているっていうか、見失っているんじゃないかって凄い思うよ。表面的なことにばっかり気を取られていて、装うことに必死になっちゃってる。だから、本気でドキドキすることが少なくなってるんだと思うよ。

 

HDM:コミュニティとしてのルールとか、無難なやり方がまず先行しているのかな…言い方を変えれば「良識」とか呼ばれている類いの。

KenKen:俺らなんか、小学生くらいの時から「よし!とりあえず外国人倒すぞ!」って言ってたよ(笑)。

 

HDM:「外国人」ってまた、ザックリとデカいものに挑んでたなあ(笑)。

KenKen:でしょ(笑)。もうね、なんかデカくて強そうなもの全部だよね、俺らが向かっていきたいのって。

 

HDM:日本の音楽シーンに根差していながら、意図せずその精神性が保っていられるのって凄いですよね。

KenKen:あ、でもこれはあくまでも俺の意見だからね。俺はまだ結婚もしてないし子供もいないからさ、こうやって言いたい放題やりたい放題が可能なのかも。俺は特に極端な人間だなって思うことがあるんだけど、今までずっと「ベースプレイヤーの世界をどう盛り上げるか」ってことしか考えてこなかったからさ。時間はかかったけどここまでこれて、ベーシストも市民権を得てきたわけなんだけど、そうやって培ってきたものってね、それに固執したり執着して、周りに媚びた瞬間にあっさりと終わってしまうんだよね。だから俺はいわゆる“バンドマン”とはちょっと違うところにいるかも知れない。

 

HDM:プレイヤーとしてのアイデンティティを守りたいんだね。

KenKen:でもね、一緒にやる相手によって自分の役割が変わってくるってことは事実としてあるから、俺が入っても揺るがないほどの相手はやっぱりRIZEなんだよね。だからこのバンドでは「どれだけ自分の野生感を出せるか」みたいなことへの挑戦でもあるんだよね。

 

HDM:なんか…こうやって話すと、意外に思考の人だね(笑)。言われない?

KenKen:言われる(笑)。結構ね、何も考えずにテンションと感情だけで突っ走ってる人に思われがちなんだけどね。でもLIFE IS GROOVEを結成した頃くらいからインタビューもちゃんと受けるようにしたんだけど、そしたら「あの人、実はちゃんと話せる人だったぞ」って気付いてもらえるようになってきたみたい(笑)。

RELEASE INFORMATION

KenKen [RIZE]|欠落の美学

RIZE / SILVER
EPIC RECORDS JAPAN
期間生産限定盤
ESCL-4829
1296円(税別)
2017年3月1日発売

RIZE / SILVER
EPIC RECORDS JAPAN
通常盤
ESCL-4828
1296円(税別)
2017年3月1日発売

TOUR INFORMATION

KenKen [RIZE]|欠落の美学

RIZE TOUR 2017『RIZE IS BACK』
2017年4月20より、RIZE結成20周年メモリアルイヤー40公演ロングランツアー開催決定! 4~6月公演を「春季爆雷」、9~11月公演を「秋季爆雷」とし、およそ6ヶ月をかけて日本全国を縦断する。

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr