般若|“最ッ低のMC”がエモーショナルに刻みつける節目のアルバム

般若|“最ッ低のMC”がエモーショナルに刻みつける節目のアルバム

interview by HIROYUKI ICHINOKI photo by SHIN-ICHI MIURA

HDM:『話半分』はソロとして10枚目のアルバムリリースになりますね。

般若:1枚1枚アルバム作って、納得した上で出してきて、それが少しずつ広まってっていうのがあるんで、つらいこともあったけど、続けられてよかったかなと思ってます。

 

HDM:こと今回のアルバムについてはどう思ってますか?

般若:アルバムとしては去年10月ぐらいの段階で1回完成したんだけど、気に入らなくて、引いて足してこうなった。結局、何枚目だろうと俺が作ることに変わりはないし、俺の場合は次のアルバムを出した後に初めて前のアルバムを振り返った本当の評価ができると思ってます。ただ、制作している途中で、今までで一番好きな音楽をやれたんじゃないかな、とは思いましたね。アルバムというものを消化するためだけの曲作りはもうやだな、みたいなことも凄いあったし、俺が言えること、俺しか言えないことを言えばいいや、って改めて思ったアルバムにもなったかな。

 

HDM:パーソナルな内容も含むシリアスな曲が多くを占めるアルバムに、『話半分』っていうタイトルが意外ですが、どんな思いでつけたんですか?

般若:今回は題材がちょっと重かったりするのもあるんですけど、話半分で受け取って、あとはみんなで決めてくれりゃいんじゃないかなって。無責任っちゃ無責任なんですけど、聴く人がそれを受け止めればいんじゃないかな、ってのは凄いあるんですよね。

 

HDM:そうしたタイトルの付け方にも般若さんの人間性が表れてると思うんです。ご自身をクールに見てるもう1人の自分がいるというか。

般若:常に俯瞰(ふかん)で見てる自分はいますね。アルバムの中で言いたいことを全部言わないというか、ひとつ引いて次にまわすみたいなところもあるし。

 

 

HDM:毒やユーモアが表立ったような曲についても、そうした思いは何らかつながってるんですか?

般若:そうですね。俺がいいと思ってても、みんなが「それ微妙でしょ」って思うものってあるじゃないですか。それを出すか出さないかってのは俺の中でも冷静な判断してるつもりなんですよ。もっとゲスい話だったりもっとエグい曲を作ることは可能なんですけども。今回も、『虎の話(あわよくば 隙あらば 俺だけが)』を入れるか入れないかってところは社内的にも悩んだんですけど、俺の車でDJ BAKUを駅まで送るっていう日があったんですよ、たまたまなんですけど。そこであれを聴いたときにあいつが「なんかスッとした」って言うから、じゃあ入れたほうがいいなって。

 

HDM:ただ、ときに露悪的にもなりうるそうした一面も、内面をてらいなく突き詰めるのと表裏一体ですよね。そのどちらも般若さんには欠かせぬ要素であって。

般若:「みんなそういう部分ないの?」って思うんですよ。誰ってことは言わないけど、いただいたり自分で購入していろんな人の作品聴くじゃないですか。そうすると「俺の感情の振り幅がおかしいのかな?」と思う瞬間があるんですよね。それは子供のころから常に言われてきたんですけど。

 

HDM:じゃあもともとラップを始める以前からそういう面があったと。

般若:はい。なんだけど、「そういうのを別に楽曲に出す必要はないって考えている人はやっぱいるんだな」っていうのはありますね。カッコいい人はカッコいいまま、っていうか…。

 

HDM:表現するのはあくまで外向きの自分っていう。

般若:そうそう。それはそれで凄い正解じゃないですか。だけど俺の中で「ここだけはきちんとやろう」みたいなのはあるんですよね。

 

HDM:だからこそ、『素敵なTomorrow』のような曲もあるってことですか。ここでは幼少期のイジメについて歌われてますが、曲になってることは実話ですか?

般若:もの凄い実話ですね。やっぱキツかったなあ…っていうのあったんで、俺は。保育園から小学校3年ぐらいまで日の当たらない感じだったんで、ずーっと。これもどっちかって言うと、みんな隠したがるようなところだと思うんですけど。子供対子供じゃなくても、例えば会社の中で上司とか先輩にイジメられてる人ってのもいるわけだし、そういう人間関係の部分ですよね。ただ、曲としては「頑張れよ」とか言うんじゃなくて、やっぱどっか笑える部分も残しときたかったから、3ヴァース目はああいう形になって。

 

 

HDM:なるほど。実際その当時の般若さんはどんな子供だったんですか?

般若:とりあえず小学生ぐらいのときから親に「精神病院に行くなよ」って言われてました、あれは忘れないですね。あと、これは再三言ってるんですけど、俺は不良じゃないんですよ。不良にはならなかったし、一切そっちに走んなかったんで。ただ、みんなが「あいつはちょっとおかしい」ってのをどっかの時期に気づいちゃうようなヤツだったんですよ、普段はめちゃめちゃ大人しいんですけど。だからイジメられてたっていうのもあって。

 

HDM:そういう状況はこたえるでしょうね。まして子供だから見る世界も小さくて、逃げようにもまたなかなか逃げられないだろうし。

般若:だからストレスはとんでもなかったですね。とりあえず人殴るわけにもいかないんで、ずーっと物殴ったりとか、家のモンぶっ壊しまくったりとかはありました。それがたぶんイジメっ子にキレちゃったあとぐらいから結構出てきちゃって。

 

HDM:そのころのことは曲でも触れてますね。「子供心に思う自由じゃねえ こっちはおかしくなってんぞ」と。

般若:それを人に向けられるほど気が強いほうじゃなかった。これは書かないでもらいたいレベルの話なんすけど、小学校のときには…(中略)…今思えばもう危なすぎるじゃないですか。そこをずっと抑えてたみたいな感じで。だから、どっか爆発しちゃう性質はあったんですよね、俺ん中に。

 

HDM:だとしたら、般若さんはそれをどう克服していったんですか?

般若:うーん、そういうのを小規模的に爆発はさせてたんですけれども、まわりで若くして壊れちゃったり、若くして地元のルールで自由が利かなくなっちゃったりするのとかをけっこう見て。そのときに、「すげえ怖えしつまんねえなあ」と思って、音楽やりたいっていうのがあって、先に進めたというか。

 

HDM:じゃあ音楽があったからこそ、そういう苦しみから解放されたっていう。

般若:はい。そこからはだいぶ変わってきた。音楽に救われたって表現よくあるじゃないですか。本当にそう思いますね。とにかく幼少期は笑うこともなかったし、とってもつまんなかったけど、別に辛かっただけの39年間じゃないんで。

 

RELEASE INFORMATION

般若|“最ッ低のMC”がエモーショナルに刻みつける節目のアルバム

般若 / 話半分
昭和レコード
SHWR-0068
2800円(税別)
2018年4月1日発売

RELEASE INFORMATION

般若|“最ッ低のMC”がエモーショナルに刻みつける節目のアルバム

般若・ZORN・SHINGO★西成 / MAX
昭和レコード
SHWR-0070
2800円(税別)
2018年4月29日発売

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr