EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

interview by MASASHI UKISHIRO photo by CAZROW AOKI

 

HDM:そして、2001年に2ndアルバム『影と光』をリリース、その翌年に活動休止となるんだけど、そのへんの話を聞かせて。

SHO:1stアルバムが売れて、ライブも客が入るようになって、待遇も変わってきて、手ごたえを感じてる矢先にSONYと1stの契約のことでめちゃくちゃもめたんよ。俺らも子供やったんでロイヤルホストで何も読まずにポンポンとハンコを押したもんやから、いろいろと問題があってこのレーベルを離れたいと思ったときに、ちゃんと拘束力をもった契約書なんで、離れられなくて。そのときに自分たちでセルフプロデュースできないと騙されたりするんやみたいなことを学んだ。法律を猛勉強してなんとかSONYとはわかれて、AMUSEに移籍することになったんやけど、当時は今みたいなネット社会ではなかったし、大阪にいながら東京のレーベルと契約してもいろいろと動きが鈍くなるということで、みんなで決意して2000年に東京に拠点を移したんよ。

 

HDM:その希望あふれる東京での新生活はどうやった?

SHO:当時一緒に遊んでたお前からすると、イベントやったら客パンパン、ライブは盛り上がって、アイテム出したら行列ができる、そんなところしか知らんと思うけど、忘れもせえへん…イベントをやろうとして行った東京のライブハウスで「平日のノルマから」って言われたこと(苦笑)。これまでも東京で何回もライブやってきたけど、結局俺らはその界隈(ハードコアシーン)でしか知られてなかってんな。まあだからと言ってモチベーションは下がらんかったけどね。大阪でやってきたことをもう一回やるだけのことやったし。

 

HDM:でもやっぱりそれはショックというか、しんどいよね。

SHO:そう、また苦しい戦いが東京でも始まるわけで。ツアーも回りまくってたし、不慣れな土地でメンバーの私生活もボロボロで、徐々にしんどくなっていったんよね。このころに2ndアルバムの制作がスタートして、今では考えれないくらいデカい予算でとんでもないレコーディングをしたんやけど、かといって俺たちには金がなかったし、スケジュールもタイトで体力的にもキツかったし、生活とバンドのバランスがとれなくなってきて、発売した翌年には疲れ切ってメンバーが辞めていった。EDGE OF SPIRITの人生としてはこのころがどん底やったとちゃうかな。

 

HDM:拠点を東京に移し、2ndを出してこれからさらに飛躍というはずが、現実は…

SHO:チャンスはたくさんあったんやけどな…メンバーがついてこれなかったね。このときヤマケンと2人だけになってしまって、いったん(神戸に)帰ろうかってなって、実は帰ってるんよ。半年ぐらいゆっくりしようってなって。それで俺は金もなかったし、かなりグレーな仕事をしまくって金を貯めて。

 

HDM:グレーな仕事(笑)?

SHO:うん(笑)。俺はこのときにそれをやり過ぎたせいでETCができたと思ってるんやけど、全国のツアーバンドに偽造したハイウェイカードを売りさばきまくってたね(笑)。あとは〇〇売ったり…〇〇で○○したり…そんなことばっかりしてたな。

 

HDM:グレーというか完全にブラックやんね(笑)。

SHO:そうやな(笑)。とにかく金を貯めることしか頭になかってん。バンド漬けで金がなかったから。どんなことしてでもメンバーさえ集まれはすぐにでも活動再開できるようにしておかないとってことしか考えてなかった。活動休止して神戸に帰ってきてても、そこはゆるぎなかったかな。

 

HDM:ちなみに2nd当時はどんなサウンドを目指してたの?

SHO:日本語の歌詞にトライした時期で、音的にもメタルのアプローチにも聴こえるし、叙情的なハードコアにも聴こえるしっていう独自のサウンドを作りたくて、そういったことにトライしていた時期かな。でも実際みんなにはあまり伝わってなかったし、受け入れられてなかったと思う。けど、あとになってあのときのアルバムを評価してくれる声が聞こえてくるから、まあそれはそれで良かったのかなと今は思ってる。

 

HDM:いまでこそメタルコアって言葉ができたけど、当時はなかったもんね。

SHO:なかったし、ハードコアといっても俺らモッシュパートなんて一カ所もないバンドやったから。

EVENT INFORMATION

EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

PDF SUMMER BASH FEST 2018

日程:2018年9月16日(日)
場所:心斎橋SUNHALL
時間:開場16時半 / 開演17時
料金:前売3000円(D代別) / 当日4000円(D代別)

出演:EDGE OF SPIRIT / SAND / EASY MONEY(USA) / T.J.MAXXX / SHE LUV IT / SCARFACE / PAYBACK BOYS / RAZING STAFF / CYCOSIS

EVENT INFORMATION

EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

BLOODAXE FESTIVAL 2018

日程:2018年9月22日(土)
場所:川崎CLUB CITTA’
時間:開場11時 / 開演11時半
料金:前売6800円(D代別) / 当日7800円(D代別)

出演:TURNSTILE(USA) / ALL OUT WAR(USA) / LOYAL TO THE GRAVE / XIBALBA(USA) / NUMB / LIONHEART(USA) / SAND / EDGE OF SPIRIT / TRAIL OF LIES(USA) / BLINDSIDE / EASY MONEY(USA) / SECONDLOW / MIRRORS / HORSEHEAD NEBULA / UNIVERSE LAST A WARD

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr