EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

interview by MASASHI UKISHIRO photo by CAZROW AOKI

 

HDM:そんな悪いことばかりして休んだ半年後、ようやく3人の新メンバーが見つかり、活動再開。IMMORTALITYとのスプリットアルバム『real sights,realize,real lights』をリリース。

SHO:活動再開後すぐにVAPから声がかかって。アルバムを出す前にシングルをって話やったんやけど、IMMORTALITYをもっと世に広めたいと思って、わがまま言ってスプリットアルバムを出させてもらってん。同じ神戸で頑張ってきた仲間のバンドやから。

 

HDM:このころになると、90年代後半から盛り上がりをみせてたハードコアムーヴメントが下火になり始めた時期だけど、そういうのは感じてた?

SHO:うーん、そこは気にしてなかったかな。このころはシーンがどうとかじゃなく、東京で単独で活動することが多かったから。自分らで組んだ企画やツアー、外タレのオープニングアクトの仕事がたくさんあって、それで年間のスケジュールが埋まってた時期。逆にいうとシーンから離れてた時期かもしれん。海外を意識し始めたのもこのころかな。

 

 

HDM:再開の翌年、2005年に3rdアルバム『Rebirth』をリリース。「Rebirth=再生」という意味だけど、このアルバムタイトルに込めた意気込みは?

SHO:メンバーも変わって気持ちも一新されて作ったから、新しくできる曲もまた違うエッセンスが入って、この当時は楽しく曲を作れてた記憶があるな。俺らの表現の幅も変わったし、実際、ライブでも客観的に変わったなって観られてるのも伝わってきたし、手応えを感じながら作ったアルバムやった。海外を強く意識していたから、海外でも通じるサウンドを目指したし、サウンドプロダクションにもこだわってマスタリングもアメリカでおこなった。そういうすべての意気込みを『Rebirth』ってタイトルにあらわした作品。

 

HDM:海外を意識したのはなぜ?

SHO:(海外)ツアーに行きたかってんな。国内ツアーは毎年やってたし、海外のバンドとやる機会が増えてそこに来ているお客さんに対しても手応えを感じてたし、チャレンジしてみたいなってのを思い始めて。昔からCDの音を聴いただけで、「日本のバンドやな」「海外のバンドやな」って歴然としたところがずっと気になってて。その格差を埋めたかったし、埋めたものを名刺代わりに海外に持っていきたかったから。

 

HDM:これまでの対バンをみると、AFTeR SHOCK、Napalm Death、VADER、ARCH ENEMY、EXODUS、NILE…そのほかたくさん、ほとんどがメタルバンドやね。

SHO:そういうところからのオファーが多かってん。でもそこが自分たちの強みやと思ってたけど、(自分たちが)メタルバンドやと思ったことは一度もない。俺たちはハードコアバンドやとずっと思ってる。

 

HDM:ハードコアの定義ってどこにあると思う?

SHO:あくまで個人的な意見やけど、俺はマインドだけやと思ってる。昔はいろいろと小難しいことを考えてたときもあったけど、今となってはそうやからとしか言いようがない。「俺らがハードコアバンドやと思ってやってきたからハードコアバンドやねん」っていうくらいしか定義はないかな。ハードコアバンドをやりたくてずっとやってきたから。

 

HDM:で、実際にオーストラリアツアー、北米ツアー、EUツアーとまわったんやけど、どうだった?期待通りだった?

SHO:期待通りというか、思ってた以上のリアクションや答えをもらえたよ。でも、思ってた以上に日本よりも厳しい環境でバンドをやってるなってのも初めて知った。あくまでアンダーグラウンドでの話かもしれないけど、こんな場所で普段やってるのかって。足りてないものを探すより足りてるものを探すほうが早かったね。学校でやったり教会でやったり公民館みたいなとこでやったり…(笑)。でもいいライブをすればチャンスもたくさんある場所でもあったな。

EVENT INFORMATION

EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

PDF SUMMER BASH FEST 2018

日程:2018年9月16日(日)
場所:心斎橋SUNHALL
時間:開場16時半 / 開演17時
料金:前売3000円(D代別) / 当日4000円(D代別)

出演:EDGE OF SPIRIT / SAND / EASY MONEY(USA) / T.J.MAXXX / SHE LUV IT / SCARFACE / PAYBACK BOYS / RAZING STAFF / CYCOSIS

EVENT INFORMATION

EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

BLOODAXE FESTIVAL 2018

日程:2018年9月22日(土)
場所:川崎CLUB CITTA’
時間:開場11時 / 開演11時半
料金:前売6800円(D代別) / 当日7800円(D代別)

出演:TURNSTILE(USA) / ALL OUT WAR(USA) / LOYAL TO THE GRAVE / XIBALBA(USA) / NUMB / LIONHEART(USA) / SAND / EDGE OF SPIRIT / TRAIL OF LIES(USA) / BLINDSIDE / EASY MONEY(USA) / SECONDLOW / MIRRORS / HORSEHEAD NEBULA / UNIVERSE LAST A WARD

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr