EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

interview by MASASHI UKISHIRO photo by CAZROW AOKI

 

HDM:で、2009年に4thアルバム『EDGE OF SPIRIT』を出すんだけど、考えるとここでキャリア初のインディーレーベルでのアルバムリリースなんやね。

SHO:そうやな(笑)。このころから単独で動くよりも、まわりで一緒にやっているバンドたちと共に何かできることはないかと、原点に立ち戻って考え始めたころかな。このFurious Recordsっていうのも言えばマコト(SAND)のレーベルやから。身内でやりたい気持ちが強くなった時期。…まあ、正確に言うと「商業音楽にトライするのをいったんやめた」ってのが正しい言い方かな。音楽でお金を稼いで飯を食っていく気が(自分たちに)なくても、大手のレーベルで音楽をやっている以上、俺たちにかかわる人たちはそれで飯を食わないとダメなわけで、当然そのことも考えるわな。そうじゃなくて、「好きなヤツとだけかかわって音楽をもう一度やりたい」。それを強く思って作ったアルバム。

 

HDM:ハードコアバンドとしてメジャーへ乗り込んだけど、自分たちの思い描いた結果を達成できなかった。3rdから4thのあいだに5年ほどブランクがあるんだけど、そういう葛藤も?

SHO:もちろんあった。凄い挫折感があったのは今言ったようなことで、結局SONYのときもAMUSEのときもVAPのときも、よく都市伝説的に言われている「メジャーに入ったら歌詞を変えてください」「レーベルの意向にそった曲を作ってください」とかそういうの言われたことがなくて。どのレーベルの人もとても素晴らしい担当ばかりで、「EDGE OF SPIRITはそのままでいいから」「それをみんなに聴かせたくて僕たちは契約したんやから」って、そう言ってくれてたんよ。結果、あまり大衆には受け入れられなくて、残念ながらたくさんのセールスを生むことができなかった。そしたら当たり前やけどそのチームが解散になるわけやねん。その人の生活、その人の家族の生活もそれにかかってるのに、「好きにやっていいよ」って言ってくれてたんやなって。それに気づいたから3rdアルバムを一生懸命頑張ってみたけど、それらをまかなえるまでの音楽を自分たちは作れなかったから、その挫折感は凄いあった。だからといって俺らがやってきたサウンドが劣ってたとはまったく思ってない。VAPのときのレーベルメイトに(マキシマムザ)ホルモンがいてんけど、彼らが売れていくのを見て必然やと思ったし、売れるだけのことを彼らはやってると思った。けど、俺がやりたいのはそれじゃなかった。そう思ったときに、「俺たちはここにいたらあかんのかな」って思って。それで自分たちでやろうってなったのが一番かな。

 

HDM:これまで自分たちのスタイルを捻じ曲げたことは一度もないと?

SHO:ない。変えようとしたところでそこまで器用じゃないしな(笑)。

 

HDM:そういうところから解放されてからはどうだった?

SHO:まだそのころは東京にいたけど(SHOは2012年に大阪へと戻ってくる)、NUMBやDOGGY HOODS、それ以外の音楽じゃないストリートカルチャーのみんなと毎日遊びの延長で音楽をやれるっていう、俺がバンド始めた当初にアメ村でSXSXSのみんなといた同じような環境で音楽をやれたから楽しかったな。DARKSIDE USTみたいなんやってみたり、DOGGY HOODSのサポートボーカルにチャレンジしてみたり、東京を二分していた派閥を仲良くさせる努力をしてみたりとか(笑)。

 

HDM:で、インタビュー最初の話につながっていくと。活動休止するって聞いたとき、このまま解散しちゃうのかなって正直思ってた。

SHO:もちろんそれは俺らの中でもあったよ。辞めてもいいかなと思って休止したから。なんしかみんなに一度忘れてもらうっていうのも今回の休止の条件でもあったし。じゃないと新しい曲はできないかなと思ったから。

 

HDM:じゃあ曲ができたから復活したんやね。

SHO:少しずつやけどね。自分たちの中で曲を作るペースがつかめてきたし、ライブをやりたいってモチベーションも高まってきたし、幸いみんな忘れてくれずにずっとオファーくれるんでね(笑)。そもそもバンドが嫌になって辞めたくて活動休止したわけじゃないし。あとはこのままやり続ける中でインスピレーションを感じて、来年アルバムを出せたらなと思ってる。

 

HDM:楽しみしかないね!改めてEDGE OF SPIRITのメンバーを紹介してよ。

SHO:ギターのヤマケンはオリジナルメンバーで俺と同い年の地元からの友達。ギターしか友達がおれへんのかってヤツ。こんな俺にずっとついてきてくれてるから、なんとか彼の人生の責任をとってあげないとなって感じ(笑)。もう一人のギターのヒロキはもともとキヨミのところのバンド(INFECTION)にいた子で、オーディション受けて、「ほな来週から東京に引っ越してこい」っていう無茶ぶりについてきたヤツ。ドラムのケイゴもそうやけど、こいつらはオリジナルメンバーより長い時間を共に過ごしてきたから。たくさんのツアーへ行って、たくさんの国へ行って、たくさんのライブを一緒にしてきた、もう家族みたいな存在。俺のわがままにみんなようついてきたわ(笑)。ベースのケイは最近入ったヤツで、END IN BLOODっていうバンドを掛け持ちしてるんやけど、こいつもすぐ辞めるようなヤツじゃないと思うんで、これから家族になっていくんやろうな。みんな不良じゃないんで、おとなしい子たちであまり目立たんかもしらんけど、楽器のことに関しては誰よりも不良。なんせ俺のスパルタ男塾から逃げ出さなかった精鋭たちなんで。あ、あとみんなええ歳して俺しか結婚してないから、みんな早く人生の伴侶を見つけてください(笑)。

 

HDM:(笑)。バンドをやるにあたり一番大事にしてることは?

SHO:最初にも言ってるけど、勝ち負け。お客には関係ない話やけど。板の上では必ず勝敗があるから。

 

HDM:惨敗したと自分で思うステージは?

SHO:2007年にPALMと行ったオーストラリアツアーのメルボルンでのライブ。あのときのPALMは凄くて。負けたなんか絶対に思わんし言わないけど、感動してしまった。あのライブを観た瞬間から今のPALMの活躍を俺は確信を持って見守ってきた。

 

HDM:負けは認めない(笑)。

SHO:そう。負けたことはない(笑)。

 

HDM:長年日本のハードコアシーンを見てきて今思うことってある?

SHO:うーん、凄く狭い世界やのにどんどん細分化していってしまうことかな。でもそれは仕方ないと思うねん。主義主張も違うし、みんなエゴが濃いからこそそうなるんやと思うし。その主義主張を曲げずに、それぞれの濃さを薄めずに、何かひとつ一緒にやっていけることはないのかなって考えてる。年代も世代も場所も関係なく、ひとつになれないかなってずっと考えてる。そこにEDGE OF SPIRITが必要なのであれば全力で協力するし、必要でないのであればそれでもかまわないから、そうなれることが何かないかなと思ってる。似た者同士だけがあつまって小さな輪の中でやるんじゃなく、違う者同士が集まってその違いを見せ合えば、そうすればもっとハードコアシーンが成熟していくんじゃないかなと考えてる。

 

HDM:では最後に、9月16日大阪『PDF SUMMERBASH FEST 2018』、9月22日東京『Bloodaxe Festival 2018』での復活ライブにむけてメッセージを!

SHO:ライブは勝ち負けなんで殺す気でいくけど、まあ、「ひさしぶりに観れたわー」ぐらいの感じでいいんで、ライブ楽しんで一緒に遊んでもらえたらいいかなって思ってます。以上!

EVENT INFORMATION

EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

PDF SUMMER BASH FEST 2018

日程:2018年9月16日(日)
場所:心斎橋SUNHALL
時間:開場16時半 / 開演17時
料金:前売3000円(D代別) / 当日4000円(D代別)

出演:EDGE OF SPIRIT / SAND / EASY MONEY(USA) / T.J.MAXXX / SHE LUV IT / SCARFACE / PAYBACK BOYS / RAZING STAFF / CYCOSIS

EVENT INFORMATION

EDGE OF SPIRIT|2年の活動休止を経て復活するEOSのこれまでの軌跡

BLOODAXE FESTIVAL 2018

日程:2018年9月22日(土)
場所:川崎CLUB CITTA’
時間:開場11時 / 開演11時半
料金:前売6800円(D代別) / 当日7800円(D代別)

出演:TURNSTILE(USA) / ALL OUT WAR(USA) / LOYAL TO THE GRAVE / XIBALBA(USA) / NUMB / LIONHEART(USA) / SAND / EDGE OF SPIRIT / TRAIL OF LIES(USA) / BLINDSIDE / EASY MONEY(USA) / SECONDLOW / MIRRORS / HORSEHEAD NEBULA / UNIVERSE LAST A WARD

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr