SANABAGUN.|バンドと言うよりもカルチャーを象徴する存在(HARDEST MAGAZINE 2018年4月発刊号掲載)

SANABAGUN.|バンドと言うよりもカルチャーを象徴する存在(HARDEST MAGAZINE 2018年4月発刊号掲載)

text by CHINATSU MIYOSHI photo by YOSHIHIRO MORI

 

HDM:良い例えですね(笑)。みなさんは日本のビッグフェスのステージでも見るようになってきたけど、なんとなくほかの出演者とは違う…独特の浮力を感じる。いい意味で、あまり交わってないというか。
岩間俊樹:たしかにかわいがってもらったことは…
高岩遼:ないよね(笑)。
岩間俊樹:ない(笑)!

 

HDM:なんだかそこが、SANABAGUN.の存在感の強さなんだと思って。お二人にしても、同じバンドのフロントマンでありながら、見せ方がまったく違う。この異色のツーマンこそが最大の魅力。
岩間俊樹:ありがとうございます。
高岩遼:でもそれはたしかにあるかも知れない。
岩間俊樹:でも僕ら、まったく同じものの考え方をするんですよ。「クローンか?」と思うほど。でも、最後の最後に出すアンサーが真逆なんですよね。
高岩遼:絶対そうなるんだよね(笑)。
岩間俊樹:だからおもしろいんです。俺らはどちらも「俺が前に出たい、出たい」って人間だから、何もかもリンクしてしまうと打ち消し合おうとしてしまって、もうこのバンドは早い段階で終わってるはず。
高岩遼:たぶん、そうなってるよね(笑)。

 

HDM:じゃあ、このバンドの心臓部は誰ですか?
岩間俊樹:心臓は…
高岩遼:みんな。

 

HDM:じゃあ、脳は?
岩間俊樹:それも…
高岩遼:みんな(笑)。

 

HDM:メンバーの中の誰かが、特に発信力が強かったり発言権があるということでもないんですね。
岩間俊樹:うん。と言うよりも、それぞれのパートで自立してるというほうが正しいのかも。フロントマンはフロントマンとして最高の動き、リズム隊はリズム隊として最高の動き、それぞれを考えてやる、という感じで。

 

HDM:なるほど。『メジャーは危ない』という曲で…そもそもこのタイトルがもうあれなんだけど(笑)、どういう意図で作ったんですか?メジャーデビューを果たした、そのタイミングでこれは。
岩間俊樹:あれはね「メジャーいったのに、相変わらずCD売れねえなあ…なんだよ」って意図でできた曲ですね(笑)。

 

HDM:ハハハ!クサクサしてたの。
岩間俊樹:してた(笑)。もともと路上でライブやっていたときから人を集めることはできていたから、機会があれば絶対に(メジャーに)いける自信はあったけど、それで実際そっちにいってみたら「想像したほど規模が拡大しねえな、なんだこれ」と思うことがあって。メジャーにいってからは、まずは自己紹介のつもりで378円で入れるライブをやって、そこからフェスに出る機会も増えてきたことで動員も増えていったんだけど、それはメジャーに入ったからということが最大の要因ではなくて、シンプルにこのバンドのライブが良かったということだと思ってる。演る場所がメジャーだろうが、アンダーグラウンドだろうが、きっとショーのクオリティは向上していったものだと思うから、メジャーに入った利点で言うと「見せる場所が増えた」というところかな。

 

HDM:路上ライブ、動画でしか見たことがないのが残念なんだけど、渋谷のハチ公前が凄いカオス化してましたね。
岩間俊樹:もともと路上を始めた理由はね、ハコにノルマを払うのが嫌だったからなんです。ノルマのために客を呼ばないといけないとなると、結局自分の知り合いづてから広がらなくなっていくし、それって意味がないと思ったから。自分たちのやってることを仲間うちだけで終わらせたくなかったから。

 

HDM:それを見て、メジャーが射止めにきたと。
岩間俊樹:うん、それで現実にメジャーと契約することになって「よし、もう路上やめよう」ということになったんですけど…
高岩遼:…なんか、思ったほど売れねえなって(笑)。

 

HDM:いわゆる“売れ線”でないだけで、全国レベルで着実に集客できてるんだから凄いことですよ。それに「売れてるものが良いものだ」っていう価値観はないでしょ?
岩間俊樹:それはないですね。
高岩遼:うん、ない。
岩間俊樹:本質的にやりたいことが、結果としてお金を稼ぐということにつながるのが目的だから、「お金をたくさん稼いでいます」「へえ、ところで何をやって?」「えっと…」っていうことだけにはなりたくない。音楽を作ることより金の計算がしたいんだったら、音楽なんてめったに喰えないことをわざわざ選ぶ必要はないわけだから。

 

HDM:それはその通りだと思う。
岩間俊樹:お金は…あくまでも「自己表現が生んだ賜物」みたいなものなんでしょうね。

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr