SANABAGUN.|バンドと言うよりもカルチャーを象徴する存在(HARDEST MAGAZINE 2018年4月発刊号掲載)

SANABAGUN.|バンドと言うよりもカルチャーを象徴する存在(HARDEST MAGAZINE 2018年4月発刊号掲載)

text by CHINATSU MIYOSHI photo by YOSHIHIRO MORI

 

HDM:前に、何かのインタビューで言っていたのを見たんだけど、高岩さんが「スターになりたい」と言っていたのが凄く印象的で。「スター」というキーワードが出てくるんだと思って。
高岩遼:俺の中にあるスター像で言えば…例えば俺が死んだあとに、中学だか高校だかの卒業アルバムの後ろのほうにある歴史事項に「〇〇年 高岩凌 死去」って記入されること。

 

HDM:まじめに答えてよ(笑)。
高岩遼:ハハハ!ちゃんとまじめに答えてる(笑)。だって、きっと北野武さんが亡くなったらそこにはそのことが書かれるだろうし、ほかの現代の偉人だってそうだと思うから。究極で言ったら、それが「スター然」として生きていたという証明になるのかなって。

 

HDM:そうかも知れないね。
高岩遼:自分にとっては、その最初のスタートがミュージシャンという肩書きになるんでしょうけど、最終的にそうなるのであれば、もはやミュージシャンでなくてもいいです、俺は。

 

HDM:えー!ちょっといきなり個人主義…(笑)。
岩間俊樹:そうっすよね…(笑)。
高岩遼:(笑)。でもその土台の部分でバンドや今の状況があるわけで。そこ(音楽)にデカい歴史があってたくさん仲間がいてくれるんで、もはや俺の個人的な感性や考え方がバンドを動かしているなんてことは考えないですけど、でも個人的には…とにかく俺がスターになりたいっすね!

 

HDM:ハハハ!なれると思います。ちなみに、高岩さんが思うスターは誰ですか?
高岩遼:そうですね…死んでしまった人で言えば、フランク・シナトラとか、あと現代で言うと矢沢永吉さん、北野武さんとか。あれくらいの規模でオリジナルな存在になりたいなって。あのレベルで人とお金が動く存在になりたいんです。

 

HDM:かなり大規模なショービジネスですね。
高岩遼:そうですよね。彼らが魅力的な理由って、芸術的でシリアスな内面をあからさまに表に見せることをせず、務めて笑顔でいるところだと思っていて。…なんか、あの感じが実は一番極悪だと思うんですよね(笑)。良いところ以上に「悪い」ところを持ち合わせているような。それを芸術表現に昇華しているっていう在り方が、凄く魅力的だと思う。

 

HDM:表現で言うと…特に北野武さんなんかがそうだと思うんですけど、倫理に反したことを曲げずにやり続けていって、それを芸術に昇華させることで認めさせて、一般的な倫理の選別から免れるということが稀にあるけど…それって本当に「稀」ですよね。
岩間俊樹:ですよね。リリックとか「公的な倫理で、これは使ってはダメです」と言われて実際に消してしまったことがあります。そのときは固有名詞だったんですけど、その内容はまったくディスしているとかじゃなくて。でもダメ。やっぱり嫌ですよ。倫理、倫理って、基準がよくわからなくなる。

 

HDM:日本の芸術基準を低くさせている要因のひとつですよね。それにしても…高岩さんのその声は賜物ですね。声色を使う音楽という世界で、しかもジャズや歌謡曲のような世界観を歌うことを決定づけたかのような…。それでラップもやるっていうのが。
高岩遼:この声色は自分で意識するも何も、もう昔からこうなんですよ。まず年相応に見られないし(笑)。でもそう改めて言われてみたら、たしかにその説はあるかもしれないですね。歌うことを決定づけられた説。

 

HDM:最初に言っていたけど、本当にそれぞれのキャラクターが際立つ、最高のメンバーがうまい具合に集まったバンドですね。
高岩遼:そうですね。あとはもう、これでお金だけついてくれば最高っすね。
岩間俊樹:そうそう。もうね、俺らパンの耳しか喰ってないっすからね。

 

HDM:いつの時代…(笑)。じゃあ、例えばお金が湯水のように使えたとしたら、いったい何に使いますか?
高岩遼:…めっちゃいい車を買ったりとか?

 

HDM:普通(笑)。でもほら、音楽を生業にできてて、それで人並みの生活ができているだけで最高じゃないですか。お金稼ぐ才能だけが著しくあるヤツらは、極めて下品でダサいのが多いですよ。あれはなんでなんだろうね。
岩間俊樹:ハハハ!まあたしかにそうですね(笑)。

 

HDM:ダサいで言えば、現代の日本の音楽シーンはみなさんにはどう見えてますか?
岩間俊樹:まあ、ダサいですよ。
高岩遼:ダサいね。でも…もうね、それは仕方がないんじゃないですか…
岩間俊樹:ハハハ!それ答えにも解決にもなってないんだけど(笑)。

 

HDM:もうそんなどうしようもないことについて考えるのはヤメろと(笑)。
高岩遼:そうそう。
岩間俊樹:そうそうじゃねえよ(笑)。でも、「ダサい」は表現として雑すぎるから訂正するけど、でも「自分の音楽をやる」という目的がブレまくっているように見えるのはめちゃくちゃ多いと思う。

 

HDM:それは非常に感じますね。でも、それは現在の日本の音楽シーンの潮流であるから、さっき言ったように「仕方がない」こととして、でもやっぱりそっちにはどうしてもすり寄ってはいけないというのが、SANABAGUN.の音楽たるものですよね。それに対して、ライブがめちゃくちゃエンターテインしてる!それがカッコ良い。
岩間俊樹:うん。俺らなりの最大限の“売れ線”向けが、最初のメジャーアルバム『メジャー』なんじゃないですか。あれ以上はもうできない!あれが限界(笑)。

 

HDM:じゃあ、もうある意味やりきりましたね(笑)。
高岩遼:俺はもう、そういう気持ちではあるよ。セールスがどうのとか売れセンがとか言ったって、まずは俺ら8人がやることのおもしろさを考えないと、何を作っても無理だと思う。俺らが一番おもしろがっていることが、連鎖的に伝わっていくというのが自分たちのスタイルだっていう確信はあります。人がおもしろがっていることを後ろから覗き込んでマネするようなことではなくて。バンドのテンションが良いといいものが生まれてくるし、それ以外のことはあとから好きについてくればいいかな。
岩間俊樹:そうだよね。策略とか小賢しいこと考えてみたって、上手くできないし(笑)。結局、自分たちがやりたいことしかできないから。でも考えてみたら…最初の話に戻るんですけど、俺らってそもそも今構築されている音楽フィールドの上に乗ろうとすらしてないよね?
高岩遼:してない(笑)。

 

HDM:そうだと思うよ(笑)。
岩間俊樹:SANABAGUN.は基本みんなドMなんでね、綺麗に舗装された道を目の前にしても、わざわざ獣道を選んでしまうんです。「こっちのほうがおもしろそうじゃん!」って。でも音楽や芸術をビジネスにするのって…昔の絵描きに貴族なんかのパトロンがいたことがそもそもの起因なのかなという気もするんですけど、感性を持たない人間が感性を持った人間に対して、創作についてお金で操作するのって絶対に間違ってる。お金を出すんだから、こういうのを作れ、歌え、描け…って、それはすべてを台無しにしていると思う。もっと純粋であってほしい。シンプルに感性で作られたものを、良いなと思った人が対価を渡すっていう。たぶん、単純にビジネスとしてどう大きく成立させるかっていう策略がすべてをダメにしてる気がする。
高岩遼:それはそうだよね。
岩間俊樹:作る側もさ、目的のトップが「お金がほしい、たくさんほしい」ってなると、ペコペコして「何がほしいんですか?」ってお伺いたてるようなサービスマンになっちゃうんだろうね。そうなってくると、もはやアーティストじゃない。
高岩遼:やっぱり絵描きにしろミュージシャンにしろ、「アーティスト」と呼ばれるところにいるんだったら、頭が悪いと無理ですよね。本当に振り切ってバカやって早死にするとかなら、それはレジェンドになり得るけど。今の日本のニーズに合わせてほしがるものをほしいだけくれてやるっていうのが、きっとちょうどお互いが気持ち良いバランスなんだろうけど、それって頭を使わなくてもできることだから。本気で自分の表現をやって生きていきたいヤツらには、その状況が苦痛でしかないんだろうなと思います。

 

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr