Jin Dogg|大阪の「今」を代表する存在をめざしてひた走る(HARDEST MAGAZINE 2018年4月発刊号掲載)

Jin Dogg|大阪の「今」を代表する存在をめざしてひた走る(HARDEST MAGAZINE 2018年4月発刊号掲載)

inverview by HIROYUKI ICHINOKI photo by JUNYA S-STEADY

 

HDM:でも、そういうモヤモヤを吹っ切る何かがそこであったわけですよね。

Jin Dogg:その潜伏期間のあいだにKOHHとかがいろいろ出てくるんすよ、MonyHorseが新鋭ラッパーみたいな感じでYouTubeでバズったり。それを「こんなんあるんや」みたいな感じで見とって、ありのままを歌ってる感じじゃないですか。「そういうことね」って思ってきて、自分なりのを出したいってなってたときに、(YouTubeで)BONESっていうラッパーを見たんですよ、SES HOLLOWATERBOYZっていうクルーの。

 

HDM:なるほど。

Jin Dogg:BONESはロン毛の白人で、暗いヤツやなあって感じで音源はそないやったんですけど、ライブ動画が関連動画にあって。音源では声低いんすけど、ライブではアゲるとこでむっちゃシャウトするんすよ。そんなん見たの初めてやって「なんやこれ!」ってなって。それにバチクラって、そっからけっこういろんなことが変わったっすね。

 

HDM:スタイルも明らかにそこでガラっと変わったわけですけど、気持ちの面で変わったこともあったり?

Jin Dogg:それまでは「音源が良けりゃいいっしょ」みたいに思ってたんですけど、それがキッカケで「こんなライブがしたい」ってなって。音源こんなんでも結局はライブのやりかたやなと思って。暴れてるライブ動画がめっちゃ楽しそうやったんすよね、客も暴れ倒してるし。でも、そのころ日本で見るライブっていうと「SAY HOー!」って言ったら「HOー!」みたいな感じやったし、正直思っちゃったんすよ、「ヤバいヤバい言われてるけど、実際よく見たらそこまでヤバイか?」って。

 

HDM:それこそHibrid Entertainmentで共に活動するYoung Yujiroや、さっき話に出たYoung Cocoら周辺含め、大阪でトラップが盛り上がる気運もそこが発端ってことですか。

Jin Dogg:「やろう」とかじゃなくて、自然とっすよ。(大阪でも)トラップやりたがってた子らがいっぱいおったと思うんですよ、Cocoもそのうちの1人やったし。でも、それをステージで最初にやったんが、大阪ではたぶん僕らと思う。トラップ調みたいなんはいっぱそれまでもあったと思うんすけど、ほんまにアメリカのヤツらがやってるようなものを日本でやりたいって思ったのは逆に僕らしかいなくて、最初ちょっとエイリアンみたいな感じやったっすね(笑)。

 

HDM:曲作りやレコーディングのスタイルもやっぱりそこで変わりました?

Jin Dogg:ファーストEPのときは家で書いて、スタジオ行って決まった時間に録らしてもらうっていうスタイルだったんすけど、今はスタジオ自由に使わしてもらってる感じで。スタジオでリリック書いて、レコーディングはボタン押すだけでできるからぜんぜん違うっすね。とにかく毎日仕事終わったら夕方スタジオ行って、ほぼ毎日朝帰ってっていう。作業せなあかんことあったらして、曲作りたくなったら作ってっていう感じで、あとはもう寝てるとか(笑)。

 

 

HDM:曲作りはいつもどういう感じで始まるんですか?

Jin Dogg:普通にスタジオ来てそのままダラダラするときのほうが多いと思うんですけど、YouTubeつけてビートめっちゃかけていくんですよ。そしたらたまにヒットする曲あるじゃないですか。そこで思い浮かんだもんを自分なりに形にするのが好きっすね。[1st High](2016年発表のミックステープ)もほぼYouTubeのビートなんですよ。

 

HDM:じゃあ言ったら遊びの延長みたいな?

Jin Dogg:そうですね。もっと精進せなあかんっていう気持ちもあったりするんすけど。

 

HDM:[1st High][2nd High](2017年発表のミックステープ)とで向かう気持ちに違いはありました?

Jin Dogg:[1st High]は曲がたまったんで出したって感じで、[2nd High]もおんなじ感じで曲作ってたんですけど、ホラー映画みたいなのをイメージしたのと、自分をよりうまく表現するみたいなんは、ちょっと考えるようになったんですよね。

 

HDM:曲作りもそうですけど、音楽の話とかは普通にまわりの人達とよくしたりします?

Jin Dogg:エンジニアの人とはけっこうしますよ。

 

HDM:それこそヌンチャクのカヴァー[the Break(Nunchaku IchibuFubuku cover)]もエンジニアさんの一言から生まれたとか。

Jin Dogg:そうそう。じゃなかったらたぶんできてなかったです。

 

 

HDM:それはヒップホップ以外の音楽の話もするんですよね。

Jin Dogg:そうすね。Cocoもそういうのめっちゃ詳しいし、みんないろいろと僕より絶対詳しいんすよ。僕は普段からめっちゃディグるってわけでもないんで。

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • line
  • Tumblr